トップ > 新幹線について 2 >
格安航空券
icon   日本の新幹線について 2   icon

 

icon   日本の新幹線は、中国でよく知られます。聞くところによると、20世紀70年代に、ケ小平氏が日本を訪問した際、東海道新幹線に乗って、新幹線の高速に対して頗る賞賛を送ったそうです。
   日本の新幹線、1964年、東海道新幹線が開業してから、相次ぎ山陽新幹線、東北新幹線、秋田新幹線、山形新幹線、長野新幹線、九州新幹線などが運行に投入され、列車ダイヤが密集、物凄い乗客人数、大規模輸送等を見て、東海道新幹線は大動脈で、黄金の鉄道ラインと言えます。
icon   日本の東海道新幹線は以下の特徴があります。
   東海道新幹線は東京、名古屋、京都、大阪と、日本の複数の主要都市を繋げ、新幹線の列車は毎日6:00から運行を開始、夜11時時間帯に終電を終えるまで、シャトルバスみたいに密度が濃い運行。大規模的に顧客を輸送します。年間収益は約1兆400億円、利用者数は1日約39万8000人となっています。
1964年10月に運行し始めた後、46年間、正確、安全、無死亡事故で運行をしてきました。日本は毎年台風、地震のなど自然災害に見舞われますが、これらの原因による遅延を計算に入れても、1列車当たりの平均遅延時分は約0.6 - 1.5分(年間 平均)です。
   上述の高速化、利便性、大量輸送の特徴により、新幹線は顧客の足として愛用されています。東京―新大阪間の切符の値段は、航空券とほぼ同じですが、大勢の人々は飛行機よりも新幹線を選びます。特に外国の観光客は新幹線の高速を体験してみたく、また沿道の美しい景色を楽しみたいほどです。
   友達が日本へ出張に来て、京都へ観光に行きたいので、新幹線の乗車券とホテルの宿泊をセットで販売するサービスを利用しました。値段の手ごろさと旅の快適さで利用しやすいです。新幹線の高速化、沿道の富士山、太平洋の美しい景色を楽しむことができ、また四つ星以上のホテルにも泊まれます。値段は別々で購入する新幹線の乗車券とホテルの利用料金より安いです。

 
icon   新幹線は距離に運行します   icon


 

新幹線のロードマップ
・東海道新幹線:東京駅―新大阪駅、距離515.4キロメートル。
・山陽新幹線:新大阪駅―博多駅、距離553.7キロメートル。
・東北新幹線:東京駅―新青森駅、距離674.9キロメートル。
・上越新幹線:大宮駅―新潟駅、距離269.5キロメートル。
・長野新幹線(北陸新幹線):高崎駅―長野駅、距離117.4キロメートル。
・九州新幹線(鹿児島線南端):新八代駅―鹿児島中央駅、距離126.8キロメートル。
                                       博多駅―鹿児島中央駅、距離256.8キロメートル。
・秋田新幹線:盛岡駅―秋田駅、距離127.3キロメートル。
・山形新幹線:福島駅―新庄駅、距離148.6キロメートル。



 

観光プライベートチャーター

自由なプラン+自由な時間設定。

ページ戻る ページトップへ